シミ(肝斑)の内服薬

HOME > シミ美肌 > シミ(肝斑)の内服薬

シミ(肝斑)の内服薬

シミ(肝斑)の内服薬

シミ肝斑に対しては、内服薬による治療も重要です。

トランサミン(トラネキサム酸)

トランサミン(トラネキサム酸)
以前は止血剤として用いられていましたが、近年は、少量を長期間服用することでシミや肝斑に効果があることが明らかになってきました。
紫外線によるダメージや洗顔・メイク時の摩擦によるダメージ、妊娠によるホルモンバランスの変化によって、皮膚のメラノサイト(メラニン産生細胞)が刺激されてメラニン産生が増加します。トランサミンはそのメラニン産生細胞の働きを抑制することによってシミの進行を防ぎます。開始2?3ヶ月で効果が現れ始め、その後徐々に肝斑が薄くなります。その後も継続することにより、お肌全体のトーンが明るくなっていきます。

シナール

シナール
ビタミンCの製剤です。抗酸化作用(還元作用)により、メラニン色素の産生を抑えると同時に、すでにできてしまったメラニン色素を漂白する効果があります。また、真皮層の線維芽細胞と呼ばれるコラーゲンを産生する細胞が活性化されるため、小ジワやタルミの予防効果もあります。

ユベラ(NEソフト)

ユベラ(NEソフト)
ビタミンEの製剤です。ビタミンCと同様の抗酸化作用があり、ビタミンCと同時に摂取することで相乗的に効果が発揮されます。また、コレステロールなどの脂質の代謝作用を助け、血行を促進する効果もありますので、動脈硬化の予防や、お肌の血流改善・新陳代謝の促進効果があります。